ブログ収益化と自己表現、あなたにしか書けないブログが見たい〜ブログ復帰2周年記念記事〜

ブログ収益化と自己表現、あなたにしか書けないブログが見たい〜ブログ復帰2周年〜
たくす
たくす

こんにちは、副業アフィリエイトブロガーのたくす@taksBLOG)です!

ブロガーとして復帰してから丸2年経過(2022年6月)しました。今回は、ぼくがブログ作業継続してきた2年間を振り返るだけの記念記事です。

こんなブロガーいるんだなーと気軽に読んでもらえたら喜びます。

ブロガーたくすのパソコンデスク

たくす
たくす

まずは僕が生きている不思議なお話しから始めます。

副業ブログが「趣味」から「必須」に変わった瞬間とその理由

約20年前にアフィリエイターをしていました。

当時はHTMLとCSSを使って、2つのサイトを運営していました。

  • 資格取得サポートのサイト(パソコン専用)
  • カメラ関連のサイト(ガラケー専用)

最大、5万円程度まで稼いでいました。

このほかにも、プログラム制作で単発の副業があり、「自分ならいつでも稼げる」と自信を持っていたんです。すべて独学でここまでやれるならコワイものはないと。

ガラケーホームページ

しかし、転勤やら育児やらで放置。

あっさりとサーバー契約もドメイン契約も切れてしまいました。サテライトサイトとして書いていたYahoo!ブログもサービス終了となり、残ったのはGoogleの検索履歴とアマゾンアソシエイトの審査済みアカウントだけ。

たくす
たくす

もし、ずっと継続していたら今頃どうだったんだろう?

そう思い出すこともあり、3年前に新古品のMacBookProを手に入れました。

 

でも結局は日々に忙殺されて、サーバー契約をしただけで1年近く放置しました。せっかく買ったMacBookProも月に1度起動させるかどうかといった休眠状態が続きます。

ブログと闘病

たくす
たくす

ところが約2年前、僕は半身不随になりかけました。何の前触れもなくです。

悪性の脳腫瘍がふくらんで、右脳を圧迫していたのです。数年かけて、痛みもなく。

緊急の開頭手術は8時間。グレード4。脳を4cmほど切除しました。

平均余命は2年半。

 

数日前までは本業で早朝出勤、毎日2時間以上の残業もこなしていた自分が、いまは昼なのか夜なのかもわからず、ICUに寝ている。

今後「勤め人」が続けられない。何よりあと2年半です。いや、最悪3ヶ月とも。

なんとかして、家族に生活費と「言葉」を残したいと思いました。

たくす
たくす

これが2年前、本気でブログ復帰を心に決めた理由です。

復帰ブロガーとしての2年間の軌跡

病室でブログ

コンテンツに自信があった僕は、病室でブログを作り始めました。すぐに収益も上がると思っていたのです。

僕のバイブルである「GoogleAdSenseマネタイズの教科書(通称『のんくら本』)」と、ほったらかしだったMacBookProを病院に持ってきてもらいました。

GoogleAdSenseマネタイズの教科書

幸か不幸か、コロナ第2波の最中だったので、病室には家族を含め面会謝絶。放射線治療と毎日3種類のリハビリ以外は、すべて自由時間です。

たくす
たくす

入院中、テレビは1秒も見ませんでした。とにかくブログを書き続け、2サイトがほぼ完成。退院時には闘病ブログを含め、合計3サイトが立ち上がっていました。

左手の麻痺も驚くほどの回復を見せてくれました。体力が落ちないように、毎日スクワットを300回、壁腕立てを100回、腹筋30回をしてきました。その他の時間はブログを書きました。

深夜も病室でブログ

さすがに経験があったので、GoogleAdSenseの審査はすべて一発合格が続きます。最低でも毎月5万円ぐらいは稼げると思っていました。

GoogleAdSense審査合格

たくす
たくす

もちろん、そんな甘い世界ではありません。

ブログを続けながらの闘病生活

自宅のブログ部屋

自宅へ帰っても、抗がん剤治療は2年間続きます。

副作用が想像以上に苦しく、服用すると数日はトイレ以外に立ち上がることはありません。食事も1日1食といった日が続くので、毎月5kgほど痩せては3週間かけて体重を戻してきました。

この苦行を最低2年続けるように言われました。すでに放射線治療は最大である30回完了しているので、他に治療方法はありません。

やるしかない、ただ、やるしかない。

何度も何度も抗がん剤をゴミ箱に叩きつけたくなる思いを耐え、今月やっと全24回の服用を終了しました。

たくす
たくす

そして、僕の人生は2年半ではなく、再発するまでの執行猶予つきに変わりました。

とにかくブログを書きたい

ブログアフィリエイト本

家から一歩も出られないので、アマゾンで本を取り寄せては読みまくりました。

サイトのネタそのものはいろいろありました。ぼくは多趣味で、器用貧乏の典型。友人や知人からは何かにつけて質問を受ける担当です。

  • 資格取得関連
  • 釣り関連
  • 車バイク整備
  • 本業関連(当時は保育園)
  • ドラム演奏
  • イラスト
  • 株や投資信託関連
  • 税金関係
  • 法人営業関係

上記のネタなら何も見なくても、それぞれ30記事は書けます。どれも、3年以上は携わったものばかりで、マニアックなこだわりもあります。

ところが、WordPress(ワードプレス)の扱いがわからない、ツイッターも見た覚えがないといった浦島太郎。昔のような方法ではまったく歯が立たず。完全に自信を失いました

たくす
たくす

今の僕には、情報の伝え方が欠如していたのです。

とにかく時間がない。本を読み、ブログに反映し、本を読み、ブログに反映し……そして2年が経ちました

やりながらブログを作っていったので、メインサイトのデザインはばらばら。検索性の低い使い勝手で、ゼロから作り直したいくらいのものになっています。

20年前の無料ブログで作っていたときのほうが使いやすい始末。

もちろん収益もパッとしません。

せめて知った知識や本の概要を、僕のような初心者向けに共有しようとしたのが、当ブログ「招福ネコログ!」です。さらに、ビジネス本を読むような理論好きな人向けに「迷い猫の森へようこそ!副業ブログとはなにか」という副サイトを立ち上げました。

この2サイトは、純粋に情報発信目的なので、もちろん収益化は考えていません。ただ、なにか伝えられたらと思って開設しています。

たくす
たくす

メインサイトのドメインパワーもそれなりに上がってきました。

招福ネコログ!ドメインパワー 迷い猫の森へようこそドメインパワー
たくす
たくす

メインの2サイトが儲かっているかといえば、もちろんそんなに甘くはありません。さすがに売上がゼロと言う日はありませんが、とても会社を卒業できるようなレベルではありません。

 

左手の回復も完全には程遠く、大好きなドラムも30分打てば、スティックが手からこぼれ落ちます。

ヤマハ電子ドラム

ちなみに、左耳も聞こえません。さすがに障害をもって人一倍の活躍を狙うのは甘かったと思いました。

たくす
たくす

Cocoon(コクーン)の製作者、わいひらさんを知るまでは。

わいひらさんに希望をもらう

1サイトを除き、僕のサイトはすべて無料テーマのCocoon(コクーン)を使っています。

単に、投資額を抑えたかったのと、ネット上の評判も上々だったからです。使い続けて1年が経ったころでしょうか、製作者のわいひらさんが「寝ログ」というブログを書いていると知りました。プロフィールを読むと、四肢が動かない重度の障害を持っている人だとここで初めて知ります。

僕は歩けるし、なんとか指でキーボードも叩ける、耳も片方は聞こえる、何を甘えてたんだ?

もし、わいひらさんと同じ病室にいたとしたら、僕はどんな言い訳ができる?

結果を出さなければ。

ブログ収益化と自己表現、あなたにしか書けないブログが見たい

うちの猫

あと何年生きられるかわからないのに、ぼくはネコの里親になりました。人生5匹目のネコ、すべて迷い猫しか飼ったことがありません。最後になるかもしれないからこそ、飼いたくなったのだと思います。

で、不思議なことに、副サイトのヘッダーに使った無料写真とそっくりなネコを迎え入れることとなったのです。選んだわけではありません、一番近所で譲ってもらえる縁があったところから来たネコがそっくりだったのです。

迷い猫の森へようこそ-副業ブログとはなにか

僕はまだ生きています。同じ病気の人はすでに1年前に他界されたそうです。

理由はないのでしょうが、僕はまだブログを書き続ける権利をもらえました。いままさに、不確かな指先でローマ字入力をしています。

たくす
たくす

近年、SEOで上位表示されているサイトは、なんだかおとなしいと思うのは僕だけでしょうか?収益化を目指しているのは共感するのですが、マニアックなブログが上位表示されません。

人生の限りを感じる僕にとって、ブログを読むことは、人生の幅を広げてくれるものです。そして、書いている人の顔を想像しながら、その人らしい着眼点や表現を楽しめるものだと思っています。

収益化も大切ですが、できればあなたの主観がいっぱい詰まった記事を読みたいと思っています。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございます!

ブログ書け

たくす
たくす

3年生になったけど、まだまだ!これからもヨロシクおねがいします、たくすでした!

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました