無料でブログのアイキャッチ画像を作る流れ【時短作業】

無料でブログのアイキャッチ画像を作る流れ【時短作業】
たくす
たくす

こんにちは、副業アフィリエイトブロガーのたくす@taksBLOG)です!

Sponsor

ブログ作業の中でも、アイキャッチ画像は時間のかかる作業ですよね。
サクッと作るコツは、自分だけのルーティーンを決めておくことです。

たくす
たくす

今回は、実際にぼくがブログのアイキャッチ画像を作る流れを実況します。
ぜひ、参考にしてみてください。

無料でサクッとブログのアイキャッチ画像を作る流れ

ブログのアイキャッチ画像、サクッと作る流れを図解します。
全て無料サービスだけ

今回紹介する無料サービスは以下の4点。
Canva以外はログインや会員登録も不要です。

  1. フリー画像サイト「O-DAN
  2. 画像リサイズサイト「IloveIMG
  3. 画像編集サイト「Canva
  4. 変換、圧縮サイト「Squoosh
たくす
たくす

トップページのリンクを貼っておいたのでブックマークしておいてください。

アイキャッチ画像の作成を実演

今回は「WordPress(ワードプレス)ってナニモノ?」という記事を書くと仮定して、アイキャッチ画像を作る流れを紹介します。

たくす
たくす

では実況開始!

アイキャッチに使える無料写真素材

無料写真素材オーダン

今回は、画像検索をするだけで、いくつもの無料写真が手に入る「O-DAN」を使います。
ログイン不要、高画質の写真画像が無料ダウンロードできます。

WordPress(ワードプレス)記事のアイキャッチ写真を探したいので、O-DAN(オーダン)の検索窓に「WordPress」と入れて検索しました。

アイキャッチ写真素材無料

すると、たくさんあるサイトから「WordPress」に関連する写真が出てきます。
検索結果の写真はすべて無料なので、好きな画像を「クリック」「ダウンロード」します。

ブログアイキャッチ無料画像

とりあえず、3つほど写真をダウンロードしておきました。足りなかったり、イメージに合わなければ、何度でも戻ってきてダウンロードできます。

このほか、「写真AC」というサイトのフリー写真もよく使っています。無料で使うには広告を見たり、他の写真の評価をしたりと若干の手間がかかりますが、日本人を使うときは「写真AC」がおすすめです。

アイキャッチに合う画像サイズに無料で変換

たくす
たくす

ダウンロードした画像3つのうち、1つの画像サイズがめちゃくちゃ大きい!

ブログのアイキャッチ画像は、横幅1280pxとか800pxあたりで作っています。

O-DANで手に入れた写真のうち、最大のものは横幅4,370pxとかなりデカイ。重い上に、加工もしづらいので、写真を小さめに変換(リサイズといいます)しちゃいます。

たくす
たくす

ぼくはドラッグアンドドロップでリサイズできる「IloveIMG」を使っています。

ブログアイキャッチ画像リサイズ無料

このサイトの画面に、写真画像を持っていくと、現在の画像サイズが右横に表示されます。
4370pxを1200pxに書き換えます。

アイキャッチに合う画像サイズに無料で変換

アイキャッチに合う画像サイズに無料で変換

書き換えたら、画面の右下にある「画像をリサイズ」ボタンを押します。ほんの1秒ほどでリサイズされた画像がダウンロードできます。

アイキャッチに合う画像サイズに無料で変換

たくす
たくす

ドラッグアンドドロップして、1200に書き換え、ダウンロードボタンを押す。
それだけです。ログインという表示がありますが不要です!

アイキャッチ作りも無料サイトで作る

アイキャッチ作りも無料サイトで作るキャンバ

アイキャッチ編集の無料ツールと言えば、超有名サイトの「Canva(キャンバ)」だけを使っています、本当に便利です。

たくす
たくす

詳しい使い方は別記事で紹介しています!

たくす
たくす

作業に入ります。まずは、トップ画面の「ブログバナー」をクリック。

アイキャッチ作りも無料サイトで作る

たくす
たくす

真っ白いキャンバスへ、写真画像をドラッグアンドドロップします。

アイキャッチ作りも無料サイトで作る
 
たくす
たくす

写真を並べたら、左のツールバーから図形や文字を選んで並べていきます。

アイキャッチ作りも無料サイトで作る
 
たくす
たくす

こんな感じにしました。

アイキャッチ作りも無料サイトで作る
 
これで画像編集は終わりです。つづいて、ファイルを軽くします。

軽いアイキャッチ画像にするためにファイル形式をWebPに圧縮変換

軽いアイキャッチ画像にするためにファイル形式をWebPに圧縮変換

SEO的に画像を軽くするのは必須作業です。長く記事を書き続けるなら、レンタルサーバーの容量も節約できます。

たくす
たくす

ぼくが使っている無料サイトは、「Squoosh(スクーシュ)」というものです。相当なスグレモノで、「画像リサイズ」「画像圧縮」「ファイル形式変換」が一度にできます。

詳しい特徴や使い方は下の記事を参照ください。超便利です。

先ほどの画像を次のように変換します。

 変換前変換後
ファイル横幅2240px1200px
ファイル形式pngWebP
ファイルサイズ131Kbどうなるかな?

ファイル横幅を1200px、ファイル形式をGoogle先生推奨のWebP(ウェッピー)に設定します。
これだけで131Kbのファイルサイズが37.2Kbにまで圧縮できました。

アイキャッチWebP変換

たくす
たくす

完成です!

まとめ〜軽くて早いアイキャッチ画像は無料でも作れる

たくす
たくす

サイトスピードなんて気にしていなかった頃は、アドビのイラストレーターでアイキャッチを作っていました。時間がかかる上に、とんでもなく重いデータになってしまい、自己満足のかたまりでした。

アイキャッチの役割は、読者が記事のイメージをつかみやすくするための手段です。

必要以上に時間をかけることなく、目的を果たせるアイキャッチづくりさえできればOK。ぼくのように自己満足するヒマがあったら、もっと読者に満足してもらえる情報を発信すべきです。

今回はここまでとします、お役に立てたらとっても嬉しい!

たくす
たくす

現場からは以上です!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました